bm-merosupi
bm-meropupi1

メロスピ部長の作品集【】【】【】【】【】【】【
メロスピ部長の小説【奇妙な筒


 2014年11月

474-14日 15:59
・由結部長の小石蹴り伝説②
由結ちゃんが好んで蹴る小石の大きさは右手で作ったOKマークの〇部分の大きさらしい。

SU-METAL「ケーキ作ってきたけど二人とも食べる~?」
YUIMETAL「いらなーい。どうせまたネギ入りショートケーキでしょ?」
SU-METAL「ぶっぶ~っ!不正解♪今日のはチョコの代わりにお好み焼きソースをかけたエクレアよ♪」
MOAMETAL「わぁ~、あれ~?おいしそ~♪すぅちゃん全部自分で食べていいYO!」
SU-METAL「なんでー?ちょこっと食べてよー。もぉ…………ひょい、パクッ、まずっ!」
YUIMETAL「ほら、やっぱマズいんじゃんw」
SU-METAL「あれー?おかしいなぁ。ソースはおいしいんだけど……。」
MOAMETAL「あははwじゃあ、ケーキ作りの方に難があるみたいね。」
SU-METAL「そうだ!ミニパティでケーキこさえてよ!味付けはすぅに任せて!」
YUIMETAL「こさえてよって言われてもwウチラでケーキなんてムリー。」
MOAMETAL「どこかで買ってきたケーキに違法改造を施せばいいじゃん。」
SU-METAL「しょぼ~ん……食べたかったなぁ、2人の作ったケーキ……。」

今年の聖誕祭で由結最愛手作りケーキを泣きながら味わうことになるとは……
この時のすぅさんには知る由もなかった。


474-14日 15:59
管〇人さんは焦っていた。まさか小石蹴り部が部員を10人以上集めてしまうとは……。

管〇人さん「いやね、とりまよんよんっ会スレッドは作りたかったわけよ。」
謎のメイト「ふむふむ。実際に反響も大きいし、誰も異論はないですわな。」
管〇人さん「でね、次にくるのはすぅさん系の部活か在宅会かなぁって思ってたわけ。」
謎のメイト「実際に諸派統合の呼び掛けも出てますし、在宅メイトの潜在数も多いですし。」
管〇人さん「小石蹴り部も警戒はしてたのよ、元々部員が8名いたでしょ?ヤバいなぁって。」
謎のメイト「まぁ純粋な小石蹴り部だったらそもそも危険性は薄かったでしょうから。」
管〇人さん「まさか不認可の変態妄想倶楽部が合流するとはね…今思えばメンバーかぶってるもんなぁ。」
謎のメイト「要は私に小石蹴り部を分裂させろと…そうおっしゃってるのですね?」
管〇人さん「頼んだよ、だってすぅさんがこのサイトを見てくれたときにオレが怒られちゃうもん。」
謎のメイト「わかりました。なんとかしましょう。」

さあ、いよいよ謎のメイトが動き出す!小石蹴り部に未来はあるのか?


466-14日 09:10
・由結部長の小石蹴り伝説①
由結ちゃんの小石の飛蹴距離は毎回測ったように4m44㎝らしい…。

皆様おはようございます。昨夜は終電帰りから~のPC前で寝落ちしちゃい間下このみ。
嫁に「そんなんだったらPC取り上げるYO!」って怒られちゃい間下このみ。

MOAMETAL「こんなんじゃダメだ、まだ何かが足りない…。父兄さんの想いを込めて蹴ってるのに…。」
???METAL「父兄さんの想いを蹴っ飛ばすだけじゃまだ足りないわ……。」
MOAMETAL「何っ!そこの壁から覗き見しているペチャパイは誰だ!」
SU-METAL「あんた誰だか判ってて言ってるでしょ…。」
MOAMETAL「明子ねぇちゃん……じゃなかった、すぅちゃん!最愛には何が足りないの?」
SU-METAL「あなたに足りないのはズバリ身長よ!そうね…あと3㎝。3㎝足りないわ。」
MOAMETAL「何故身長が関係あるのかの説明を聞きたいところだけど面倒だから別にいいわ。」
SU-METAL「蹴る力って上半身の動きも関係してるのよ云々…………わかった?」
MOAMETAL「聞いてなかったYO!じゃあ、シークレットブーツ履いて蹴ればいいのね?」
SU-METAL「それじゃダメね。足の裏全体で地面を掴む力が弱くなってしまうわ。」
MOAMETAL「じゃあ、頭にシリコン入れて身長伸ばせばいいのね?」
SU-METAL「それじゃダメね。BABYMETALから追放されてしまうわ。」
MOAMETAL「じゃあ、気持ち的に155㎝のつもりで蹴ったらいいのかしらね?」
SU-METAL「それじゃダメね。だって最愛ちゃん152㎝だもん。」
MOAMETAL「それじゃダメね姉さん、一体どうしたらいいってのさ!」
SU-METAL「毎日、牛乳を飲みなさい。小魚を食べなさい。たっぷり寝なさい。」
MOAMETAL「じゃあペチャは、毎日ミロを飲みなさい。腕立てをしなさい。自分で揉みなさい。」

由結部長の小石蹴りは生まれ持った資質。でも最愛ちゃんも蹴ってくれ、この私を!


440-14日 01:03
由結ちゃんが小石を蹴らざるをえない環境を作ってあげる。
それが我ら小石蹴り部の究極!

SU-METAL「由結ちゃん、今日は何個くらい蹴れる?」
YUIMETAL「ごめんね、すぅちゃん。今日は蹴る気分じゃないんだ……。」
MOAMETAL「どこか…膝とか足首とか違和感とかあるの?痛い?」
YUIMETAL「ううん。そういうのじゃないんだ……ただなんて言うか…。」
SU-METAL「いいのよ、由結ちゃん。そんな日もあるって。」
MOAMETAL「そうね、由結が蹴りたくなったらその時、最高のちょこんを見せてくれればいいYO!」
YUIMETAL「二人ともありがとう。由結、ゼッタイ復活してみせるから!ちょこんするから!」
SU-METAL「うん、待ってるからね。」
MOAMETAL「うふふ、由結が石蹴り休んでる間に最愛の方がちょこん上手になっちゃうかもYO!」
SU-METAL「大丈夫、それはゼッタイないから。」
YUIMETAL「そうね、最愛の小石蹴りには憂いがないのよね。」
SU-METAL「ただそこにある小石を、ただ蹴ってる。……足でね。」
MOAMETAL「は?足以外でどうやって蹴るってのさ?」
YUIMETAL「ハートで蹴る……っていうのかな。その小石に誰を想って蹴るのか。」
MOAMETAL「はあ、そうですか。それはそれは難しいんですな。」
SU-METAL「由結ちゃんはいつでも卒業生と繋がってるって想いを込めて蹴ってるんだよ。」
MOAMETAL「なんのこっちゃ。」
YUIMETAL「最愛はただ小石だけを蹴ってるの。由結は父兄さんの想いまでを蹴っ飛ばしてるの。」
MOAMETAL「それはどうかと思うけど…。」
SU-METAL「すぅが蹴りたいのは言いたい事も言えないこんな世の中ね。」
MOAMETAL「左様でございますか。」

小石蹴りへの熱い想いはなかなか伝わらないんだ!


426-13日 11:25
なんか、今日はミスタッチだらけ。昨日のインフルエンザ注射の影響か……

YUIMETAL「しかしNYCってば超寒いわね……さすがの由結もお風呂39℃にしたいわ。」
MOAMETAL「それでもまだ設定温度低いけどねwそんなことより由結、500ドル貸してくんない?」
YUIMETAL「またぁ?最愛ってば貧乏ねwこれで合わせて4500ドルちゃんと返してYO!」
MOAMETAL「へへへっ、恩にきりやす由結の旦那wじゃあ早速お買い物しますか♪」
SU-METAL「ちょっとあんた達!何を結構な額のやり取りしてんのよ!まだ子供でしょ!」
YUIMETAL「っていうか、もう子供じゃなくね?」
SU-METAL「最愛ちゃんもお金借りたそばからすぐお買い物ってどういう神経してんのよ!」
MOAMETAL「だってモノポリーってそういうゲームだから……」
SU-METAL「あ、ゲームなの?……モノポリーってそういうルールなの?……てへぺろ!」

ルールが覚えられないので参加できないすぅさんの勘違いであった……。


425-13日 10:47
果報は寝て待て

SU-METAL「みんなちょっと来て~、大集合っー!」
MOAMETAL「大集合って…3人しかいないけどねw」
YUIMETAL「すぅちゃん今日はどんな戯言を聞かせてくれるのかしら。」
SU-METAL「実はすぅね……彼氏が出来ましたー!」
MOAMETAL「えーっ!すぅちゃんすぐにでも別れた方がいいYO!」
YUIMETAL「そうよ、彼氏がかわいそうだわ!」
SU-METAL「ちょっと、どういう意味よ!実は本物の彼氏とかじゃなくて……」
MOAMETAL「犬でも飼ったか?ネコ?鳥?サル?豚?」
YUIMETAL「人形とかじゃないの?高校2年生にもなって本物の彼氏できねぇのかって話。」SU-METAL「うぅ………ひどい…。今日はここまで、解散!」

すぅさんに彼氏はまだ必要ないっすねw


424-13日 10:28
待てば海路の日和あり

MOAMETAL「最愛がこやじ部の申請をしたときを思い出したわ。」
SU-METAL「由結ちゃんが最愛ちゃんからのしつこい勧誘を断固拒否してたやつねw」
YUIMETAL「当たり前ー。するめ炙ったりハゲヅラかぶったりできるかっつーの!」
MOAMETAL「そーかなー、由結のハゲビンチャ姿って結構似合いそうだけどなぁ…。」
SU-MEALT「それを言うならハゲチャビンだけどねw由結ちゃんは飲み屋の女将さんがいいかも。」
YUIMETAL「え~、おっさんを接待とかするのって由結の役目じゃなくね?」
MOAMETAL「ちょw何様ですかw」
SU-MEALT「まんま由結様ねw」

最近の15歳ってみんな大人びてますねw


405-12日 21:24
都内BOH所A社地下秘密会議室にて

某S-METAL「私達のあられもない妄想姿がさらけ出されている楽園の地下組織なんだけどさ。」
某Y-METAL「ええ、なんか正式な部活動としていよいよ動き出す計画があるみたいね。」
某M-METAL「まじ?どれどれ……この資料によると小石蹴り部として活動を本格化させる……か。」
某S-METAL「YUIMETALが小石を蹴る姿をある者は静かに、ある者は妄想しながらひたすら待つ……。」
某Y-METAL「それが活動計画?由結が小石を蹴ったら一体どうだっていうのYO!」
某M-METAL「いやいやいや、由結が小石を蹴ったら最愛だってキュン死しちゃうもん。」
某S-METAL「誰かさんがハートの地球のPVで小石蹴りポーズしてたけど話題にならなかったわねw」
某M-METAL「あー、カチンときた…。すぅちゃんが小石蹴っても空振りのペチャパイ~♪」
某S-METAL「なにをー!ペチャは関係ないじゃないのよ!」
某Y-METAL「ビッグビジネスの予感♪」

そういえば、小石蹴りの話あたりから私の妄想書き込みも過熱したような記憶が…。


403-12日 20:28
そんな私はYUIMETAL。さくら学院史上3人目の100回日誌を達成させた女。
私が「ぴょんっ!由結だYO!」と言えば1000人の父兄さんが萌え死に、私が「ちょこん」と小石を蹴れば1000人のメイトさんがモッシュッシュを始める。
そして私がTシャツを着ているだけで勝手に「脱ぎたて」を想像し始める輩までいる。そんな一部のメイトさん達が私を部長に祭り上げ水面下で部活動をしているらしい。その名も……「小石蹴り部」。
私が小石を「ちょこん」とやるのをただ見たい人達の集まり。しかし実際にやってる事は妄想発表会。
そんな妄想大好き連中にとって渡りに舟の「部活動スレ」のお話。この話にらうだ~しない手はないんじゃない?

ということで、一番現実的なところで「小石蹴り部」としてスレッドを用意して頂くってのはどうでしょうか?
現在の8人の部員に加えて、おやびんさん、マコちんさん、するめ派さん、としめたさん、NO,4さんに入部してもらい、まーとさんにも「小石部」と兼部してもらえれば部員が14人になります。勿論、部員は常に募集中ということで。


381-11日 22:41
THE ONE のレジスタンスって妄想レジスタンスのことだったんですね。

SU-METAL「レジスタンスか……」
MOAMETAL「昔、巨人で4番打ってたよね。」
YUIMETAL「そうそう、スイッチヒッターでね。」
SU-METAL「それ、レジースミスよね……」
MOAMETAL「あ、帝国ホテルの地下にお店があったわ。」
YUIMETAL「はいはい、パリの香水のやつね。」
SU-METAL「それは多分、セルジュルタンスかしら……」
MOAMETAL「あー、いくらなんでも踊り疲れたわ。」
YUIMETAL「ほんと、毎日毎日ダンスばっかり。」
SU-METAL「う~ん、連日ダンス…かしら?」
MOAMETAL「おぉーっ!すぅちゃん正解!」
SU-METAL「まぁね、何年あなた達のお姉さんやってると思ってるのよ。」

まずは心のレジスタンスから。


380-11日 21:30
やっときたマンだね、由結ちゃん100回目日誌。

SU-METAL「由結ちゃん日誌100回到達おめでとう!お祝いにケーキ4つ買ってきたから食べよう♪」
YUIMETAL「4つ?中途半端ね…3で割り切れない数買ってくるなんてさすがすぅちゃんw」
SU-METAL「いいの!すぅが2つ食べるんだもん♪さ、さ、食べよ食べよ。」
MOAMETAL「100人の由結だなんてなかなか面白いこと考えるじゃん!さすがプロデュース委員長w」
YUIMETAL「へへっ♪でも実際には101人いるんだYO!ま、誰も気付かないだろうけどw」
SU-METAL「え~っ!マジー!ちょー数えてみよ~っ♪いちにーさんよんっ……」
MOAMETAL「あらら、すぅちゃん数え出しちゃってw忙しそうだからこのモンブラン食べてあげるね。」
YUIMETAL「すぅちゃん食べないみたいだからこっちのショートケーキは由結がもらってあげるYO!」

その後3回数え直しても由結ちゃんはピッタリ100人だったのでした…。


379-11日 19:36
私はYUIMETAL。正直、今あせってる。だってだってここへきて身長がどんどん伸びるんですもの!
最初は気付かなかったわ。チビの最愛がどんどん小さくなってると思った。でも違った。
チビの最愛が縮んでいるわけではなく、由結がぐんぐん成長していたのだ。
このままではすぅちゃんに追いつくのも時間の問題だYO!
チビの最愛だけちびっ子メタルのままで、バランスが悪くなってしまうわ。そんなの嫌だ。
お願いチビの最愛、もっとししゃもとか食べて身長伸ばしてくれないとBABYMETALの良さが消えてしまうYO!
ああ意地悪な神様、どうかチビの最愛の身長も伸ばしてあげて……。

YUIMETAL「ひどい!こんな文章書いたの誰?最愛がかわいそうだYO!」
SU-METAL「これ書いたの由結ちゃんでしょ?字で判るわw」

由結ちゃん100回目の日誌おめでとう!


360-11日 00:12
と思ったけど、寝る前に覗いちゃったw

MOAMETAL「うぉ~うぉ~うぉ~うぉ~ うぉ~うぉ~うぉ~うぉ~」
SU-METAL「あら、新曲すっかり気に入っちゃったみたいね。こういう感じの好きなの?」
MOAMETAL「うん♪メロスピいいよねぇ。最愛、メロスピ大好きになっちゃった。」
YUIMETAL「ヴぉ~ヴぉ~ヴぉ~ヴぉ~ ヴぉ~ヴぉ~ヴぉ~ヴぉ~」
SU-METAL「あれれwこちらさんはなんかちょっと違う感じに聴こえるわね…。」
MOAMETAL「由結はメロデス派だもんねw」
YUIMETAL「ヴぉい!」

新曲が超盛り上がってますので新妄想スレはしばらくおあずけっぽいですねw


345-09日 18:44
YUI-METAL「新曲の反応どんな感じか気になるねぇ?」
MOA-METAL「知りたい知りたい!ちょこっとネットで見てみようYO!」
SU-METAL「やめといた方がいいわよ。気にしないつもりでも見たら落ち込んじゃうから…。」
YUI-METAL「すぅちゃんネットでベビメタのやつとか見たことあるの?」
SU-METAL「見ないわ。否定的な意見とか見ちゃうと落ち込んじゃうし…。」
MOA-METAL「でも批判も真摯に受け止めてもっともっと上達すればいいんじゃない?」
SU-METAL「ううん。二人とも今、目一杯顔笑ってるでしょ?もうこれ以上ないってくらい。」
YUI-METAL「うん、正直ギリギリ限界のところで顔笑ってるYO!」
SU-METAL「それをね……もっと顔笑らなきゃダメだろって言われちゃうの。まだ足りないって…。」
MOA-METAL「えーっ、そんなの変だよー。レッスンとか見てないクセにー!」
SU-METAL「そうよ、努力してるところを見せてないから知らないの。だから仕方ないのよ。」
YUI-METAL「すぅちゃん……。やっぱりすぅちゃんってお姉ちゃんだね、ペチャだけどw」
MOA-METAL「これからもいろいろ教えてもらおうっと。あ……勉強はいいや、全部間違えるからw」
SU-METAL「なんだとー、コラァー!」

なんか、書いててヘコんじゃいました……orz


341-09日 15:17
THE ONE 選ばれし者

MOA-METAL「いまさら由結にしか聞けないんだけどさ、ザワンでいいんだよね?ジワンじゃないよね?」
YUI-METAL「あらたまって聞かれちゃうと自信ないなぁwちょっとすぅちゃんに電話してみるYO!」
MOA-METAL「すぅちゃんわかるかなぁwあれでも一応高校2年生だから知ってるかもね。」
YUI-METAL「あ、もっしーすぅちゃん?……うん、…うん、わかった。ありがとね。またねー。」
MOA-METAL「すぅちゃん何だって?」
YUI-METAL「すぅもわかんないから頭いい人に電話して聞いてみるー、っていってたYO!」
MOA-METAL「そうなんだ……じゃあ今すぅちゃんが最愛に電話かけてきてるのはこの件ことね…。」

ざわ……ざわ……。


323-08日 20:27
YUIMETAL「ヴぉい!ヴぉい!ヴぉい!」
MOAMETAL「あら、どうしたの由結。今日は荒れてるわね。」
YUIMETAL「だってフィッシュ&チップスが……マズいんだもん。」
SU-METAL「おいしいところのヤツはおいしいってガイドブックに書いてあるけどねw」
MOAMETAL「うわー、これはマズいw冷たいし油ギトギトだし固いし……。」
SU-METAL「じゃあ、これつけて食べてみれば?」
MOAMETAL「どれどれ……お、おいしい!さっきと全然違う!由結もどうYO?」
YUIMETAL「………んっ! らうだ~らうだ~♪」
SU-METAL「一家に一本、広島じゃけんお好み焼きソース!」

CM撮影も順調DEATH!


321-08日 16:34
そうです、私が10年後の世界から来た男DEATH!
10年後の未来は今よりちょっとカオスだYO!

MOAMETAL25歳「いよいよ決戦の時ね…。あなたとは15年以上ずっと一緒だったわね…由結。」
YUIMETAL25歳「そうね、最愛。そろそろ決着をつけましょう。さあ、武器をとりなさい。」
MOAMETAL25歳「ふふ……相変わらず隙のない構えね、由結。じゃあこちらからいくわYO!」
YUIMETAL25歳「全力でかかってきなさい!いざ、勝負YO!」
MOAMETAL25歳「こちょこちょこちょこちょ………。」
YUIMETAL25歳「きゃはははは、ひゃはははは……くすぐったいwww」
SU-METAL25歳「25歳にもなって…なにやってんのさ。早く寝なさい!」

こっそり年齢をサバよんでいるすぅさんであった…。


316-07日 19:28
OBとかってよく来るよね。口だけ卒業ってやつさ。

MOAMETAL「先輩、こんな制御の効かないわたしじゃダメですか?」
YUIMETAL「暴走する彼女なんて欲しくはないでしょうねw」
MOAMETAL「みんなが見てる、私を見てる、みんなが私を超見てる。」
YUIMETAL「自意識過剰っぽいね、それw」
MOAMETAL「私は末っ子甘えん坊、三人姉妹のさやえんどう。」
YUIMETAL「ケラケラケラw一応聞くけど何読んでるの?」
MOAMETAL「すぅちゃんのノート。」
SU-METAL「だから!すぅの作詞ノート見ないでって言ったでしょ~!」

すぅさんの筆文字、味があっていいですよね。


315-07日 18:47
この支配(麦教育)からの卒業

MOAMETAL「最愛が生徒会長で由結はプロデュース委員長じゃん?」
YUIMETAL「でも由結が156㎝で最愛は152㎝だYO!」
MOAMETAL「最愛が中学生アイドル1位で由結は2位だったじゃん?」
YUIMETAL「でも由結がプニプニで最愛はコテコテだYO!」

ロンドンへ渡航する際どちらが窓側の席に座るかでもめてます。


314-07日 18:13
私は卒業生として皆様を見守らなければなりません。
今、さくら学院に必要なのはライバルの存在かもしれない…。

SU-METAL「あなた達が課外活動してる隙にさくら学院のライバルが出てきたらしいわよ。」
MOAMETAL「いやいやいやいや、どうせ大したことないっしょ。ノー問題。」
SU-METAL「なんかー、平均年齢48歳で妄想好きのオヤジ達の集まりらしいわよ。」
YUIMETAL「うげっ、企画モノじゃん。ウチらとは畑違いね。勝手にどーぞって感じ。」
SU-METAL「それがさぁ………ちょ~カオスなのよ!楽園おそるべし!」

「私達、妄想期限定スレッド「まくら臭いん」DEATH!よろしくお願いします。」
すっぱまん「はい!ちっとも金を…返さずに!中年部18年、下ネタ委員長のすっぱまんです。よろしくお願いしま~す。」
おやびんメタル「はい!親分じゃないよ、おやびんだよ!中年部25年、宴会委員長のOYABIN-METALで~す。」
トミーメタル「はい!妄想の花をい~っぱい咲かせます。中年部22年TOMMY-METALです。」

あ、マコちんさんとかまーとさんとかとしめたさんとかは自分で考えましょうw
卒業?それはすなわち死ぬときだぁ。


299-06日 23:30
妄想期限定スレッドなので300レスで私は卒業でしょうか?

SU-METAL「もうすぐ300レスか……。」
MOAMETAL「へ?」
SU-METAL「あ、間違えたw飛行機もうすぐロンドンに着くね。」
YUIMETAL「で?」
SU-METAL「次のライブも楽しみだね。」
MOAMETAL「ん?」
SU-METAL「もぉー、わかったわよぉ。寝ればいいんでしょ、寝れば……………眠れない。」

すぅさんは修学旅行モード突入中。


297-06日 22:35
SU-METAL「いきなりですがNY反省会を始めます。まず由結ちゃんから。」
YUIMETAL「えとー、ちょっとだけなんですけどー、間違えちゃいました……てへ。」
SU-METAL「じゃあその逆サイドで踊ってた最愛ちゃん。逆に間違えませんでしたか?」
MOAMETAL「いやいやいやいや、大丈夫でしたYO!バッチリ!完璧DEATH!」
SU-METAL「は~い、じゃあ次は大村さん。」


突然の天然キラーパスに思わず絶句してしまうギターの神であった……。


282-05日 21:54
エ~ロティ~ックじゃない キスネタ~♪

MOAMETAL「最愛はKISSがいい。」
YUIMETAL「由結もー、KISSやりたーい。」
SU-METAL「も~しょうがないなー。じゃあ順番にね。」
MOAMETAL「やたっ♪じゃあ、最愛からお願いします。」
SU-METAL「はい、いくよー。ちゃんと目つぶってね。」
YUIMETAL「ドキドキ……あ~いいなぁ。由結も早くして欲しいっ!」
SU-METAL「はい、出来上がりー。」
YUIMETAL「ぎゃはははw最愛、ジーンシモンズそっくりー!」
MOAMETAL「すぅちゃん絵は下手なのにキッスメイク上手~w」
SU-METAL「絵が下手で悪うござんしたね!」
YUIMETAL「次は由結の番だYO!ポールスタンレー風によろしくね♪」

神バンドの白塗り道具で遊んでしまう3人であった……。


281-05日 21:18
過疎、過疎、過疎スレが賑わい 私はふつつかなの♪

YUIMETAL「いや~ライブ良かったんじゃないでしょうか。」
MOAMETAL「やっぱり、ライブは楽し~いね~w」
YUIMETAL「けれども浮かない感じのお嬢が一人……。」
MOAMETAL「ホント、歌に関しては超ストイックなんだから…。」

「そんな私はSU-METAL。単刀直入に言おう。
外した!外してしまった!あんなに、あんなに練習したのにぃ!
すぅの投げたキツネ面は狙いとは全く別の方へと逸れてしまった…。正直緊張し過ぎだったわ。YUIMETALには全くかすりもしなかった。悔しい。悔し過ぎる!
持ってる投てき能力の半分も出せなかった…。でも、まだある。ロンドンがある。それまでにもっとどんどん投げてロンドンでYUIMETAL撃破だ!……って、どんどんロンドンだって……ぷぷっ、すぅってばお茶目w」

YUIMETAL「あ、ニヤけた。」
MOAMETAL「なんか大丈夫そうね。」

キツネ面が由結の顔面を捉えたとき、ロンドン塔に新たな伝説の時が刻まれるのだ。


257-04日 23:33
私の勤務は今、「始発から」か「終電まで」のどちらかしかありませんw

MOAMETAL「風呂ネタはやっぱ喰い付きいいよね。由結は100回目の日誌どうすんの?」
YUIMETAL「すぅちゃんディスろうかとも思ったけどまだ決まってないんだよねぇ。」
MOAMETAL「父兄さんは焦らされちゃってるなぁw由結のキス顔載せとけば悶絶必死だけどね。」
YUIMETAL「らうだ~って100個書いて適当にオフショット載せとけばいいかな…。」
MOAMETAL「とかなんとか言っちゃってしっかりバッチリ書くんでしょ。」
YUIMETAL「まあねwだってそれがみんなのアイドル水野由結だから……。」

いや本当にアイドルって大変ですね……。


249-04日 20:31
あめ~りか~ あめ~りか~ あめ~りか~ あめ~りか~

YUIMETAL「ふぅ、リハの最終確認も終わったし本番に備えてシャワー浴びようYO!」
MOAMETAL「由結のリハTシャツはお気に入りのベティだから脱ぎたて売ってくれそうにないし…。」
SU-METAL「ごめん、2人とも先に休んでて。すぅはもう少しやってくから。」
YUIMETAL「じゃあ、付き合おうか?成功するようにみんなで悪魔にお願いとかしようYO!」
MOAMETAL「それはやらないYO!すぅちゃんどうする?最愛たち何か手伝える?」
SU-METAL「ううん、ありがと。ちょっと一人で顔笑らせて……ごめんね。」
MOAMETAL「わかった。本番前だからやり過ぎないようにね。じゃあね。」

……さぁ、次の標的はYUIMETAL。モントリオールでは強い風の助けもあってMOAMETALを仕留めるのは難しくはなかった。しかし今回は室内で全くの無風状態。自分のテクニックしか頼るものはない。今度の標的はすぅの右側約4メートル。ライトハンドだから狙いはつけやすい。問題は如何に自然に、狙ってないようにして狙うか…。直線的に狙うか、大きくカーブさせて狙うか。投げ過ぎてマメも潰れちゃったけど、どちらにしてももっと投げ込まなきゃ…。この身体が滅びるまで…右手が悲鳴をあげるまで…投げ続けていくしかない。

MOAMETAL「あれさ、今度は由結にぶつけるつもりみたいね。」
YUIMETAL「そうみたいね。……わざと当たってあげようかな。」

血染めのキツネ面が由結の顔面を捉えたとき、ここNYにまた新たな伝説が歴史に刻まれるのだ。


248-04日 19:08
不器用なファイターはスマイルで顔笑ります。249レスを目指して!
41%のネタ投下率は私がただのアホである事の証明DEATH!SSAではオヤジモッシュッシュしましょう!

YUIMETAL「そういえば私達って受験生なのよねぇ…。」
MOAMETAL「そうよ。でもお仕事してるからって負けたくない!」
SU-METAL「2人とも大丈夫よ♪すぅでもなれたんだから、高校生に♪」

すぅさん……。


244-04日 14:58
デロリアン視聴2回目。最近3人のビジュアルと技術ばかりを褒め讃えていましたがミュージックの素晴らしさを再確認させられました。まずは音ありき。

私はSU-METALっス。黒魔術が大好きっス。いつも由結クンと黒魔術談議に花を咲かせてるんスね。ちっちゃい悪魔と中くらいの悪魔にフア~って、こう…なんか好きなんだなぁって思っちゃう今日この頃なんス。てへっ。由結クンと最愛クンが協力し合えれば、こんな…かなり大きな悪魔とか呼べるっスよ~。ヘイヘィ~。

SU-METAL「この変な文章書いたの由結ちゃんでしょ?」
YUIMETAL「違うよ。まりなちゃんだよ。」

嘘つき由結ちゃん……。綺麗な字でばれちゃうんだってばw


241-04日 12:09
メロってスピッのコーナーDEATH!

学院の先生「やっぱりダメよ、由結。」
YUIMETAL「どうしてですか!100回の節目なんです。いい機会じゃないですか!」
学院の先生「でもねぇ…あなたは清純で可憐でプニプニ可愛いイメージで成功してるんだし…。」
YUIMETAL「本当の由結の姿や想いを父兄さんにいつ見せるのか……今でしょ!」
学院の先生「でも悪魔召喚儀式を紹介するさくら学院日誌なんて前代未聞だわ。書き直して。」
YUIMETAL「嫌です!これでいきます。今回は由結も折れませんから!」

これが由結ちゃんの100回目の日誌がなかなか発表されない真相であった。


240-04日 11:56
ニューヨークあいつを愛したら星になるだけさ

私はSU-METAL。ニューヨークはマンハッタンセンターにていよいよ大詰めのリハの真っ最中。
そして今、私の目の前にはあれほどまでに恋焦がれていた「脱ぎたてゆいT」と「拭きたてもあタオル」がセットで無造作に置かれているではないか…。
嗚呼、嗅ぎたい。そしてモフモフしたい。くるまって眠りたい。いっそこのまま持ち去ってしまいたい。
でもダメ、ゼッタイ。だって私はSU-METAL。今や世界のメタルクイーン。もしメンバーの使用済み品マニアであることをパパラッチにすっぱ抜かれてしまったら…。とんだスキャンダルだわ。でも欲しい。そこはかとなく欲しい。幸い辺りには誰もいない。チャンスだ。すぅちゃんチャンスだ!業界用語でいうところの「ちゃんすぅスーチャン」だ。

SU-METAL「この変な文章書いたの最愛ちゃんでしょ?」
MOAMETAL「あ、バレたw」

字が綺麗過ぎちゃったね、最愛ちゃん。


239-04日 11:12
今日のNYは晴れ、最高気温は18℃だそうDEATH!

MOAMETAL「ねぇ、由結たん。……最愛のこと好き?」
YUIMETAL「うん、大好きだよ。急にどうしたの?」
MOAMETAL「……由結たん。最愛が由結たんに逢いたくなったらすぐ来てくれる?」
YUIMETAL「当たり前じゃん。由結はいつでもどんな時でも最愛と一緒だYO!」
MOAMETAL「本当に?本当に一緒にいてくれるの?」
YUIMETAL「もちろん♪じゃあ一緒に行こっか!」
MOAMETAL「うん♪」
SU-METAL「連れウ〇コだろ、これ……。」

女の子の連れション文化って面倒ですね…。


237-04日 09:38
マンハッタンセンター前でキツネ掲げた3人

MOAMETAL「3人で力を合わせたら絶対うまくいくYO!やるっきゃない!」
SU-METAL「そだね、この日の為に今まで顔笑ってきたんだもん。って毎回言ってるけどw」
MOAMETAL「うまくいきますように、うまくいきますように、うまくいきますように…」
SU-METAL「うふふ。由結ちゃんも小さな声でブツブツと何か言ってて可愛い♪」
YUIMETAL「ちょっと静かに!悪魔召喚儀式の真っ最中なんだから。」
MOAMETAL「……やめなさい。」

その後儀式を中断され、いじけて涙ぐむ由結ちゃんを見て可愛い♪と萌えまくる最愛とすぅであった。


229-04日 02:28
へろへろなのに顔笑る私は不器用なファイター

MOAMETAL「由結のノートも見つけたんだけどさ。見てよ、これ……。」
SU-METAL「まんまデスノートじゃないwこわい~っ!」
MOAMETAL「恐る恐る中を見てみたんだけど何も書かれてないんだよね。」
SU-METAL「ほんとだ、名前書かれたら死んじゃうヤツでしょ。ちょっとホッとしたわ。」
YUIMETAL「それ、レモン汁で名前書いてあるYO!」
MOAMETAL「うわっ!由結、いつの間に…。」
YUIMETAL「あぶってみる?」
SU-METAL「むりー!」

眠い……とりま目指せ230レス?むりー!


227-04日 01:04
くたくたなのに楽園に来ちゃう私はやっぱりベビメタ好き

MOAMETAL「私のたわしでこすらないでよ、ちょっぴり痛いの平気でしょ?」
YUIMETAL「えっ?いま最愛なんか言った?」
MOAMETAL「私が鳥になってピーピー鳴いたら耳を塞ぐのはやっぱり翼なのね。」
YUIMETAL「最愛なに言ってるのさ。壊れちゃったの?」
MOAMETAL「ううん、負けそうになったけど奥の手使って逆転ビクトリー。」
YUIMETAL「あー、なんか読んでるのね。何それ?」
MOAMETAL「すぅちゃんのネタ帳。」
SU-METAL「ちょっとー!勝手に人のノート読まないでよー!」

すぅさんの夢、実現に向かって着々と進行中!


212-03日 12:01
私は変態ではありませんYO!
そしてもう準備して出社し~の、帰りは終電間際かな orz

STAFF 骨A「あ、菊地さ~ん。あの今回から演出変えるメギツネのここなんですけど…」
MOAMETAL「わかりました。プロデュース委員長に伝えておきます。」
STAFF 骨B「菊地さん、ちょうど良かった。紅月の入り方が変更になりまして…」
MOAMETAL「わかりました。あぁ見えてもすぅちゃんなら大丈夫ですYO!」
神バンドBOH「菊地さん、いつも立ち位置かぶらない様にしてくれてありがとうございます。」
MOAMETAL「いいえ、少しずれるだけですからw全然問題ないですYO!」
STAFF 骨C「あ、菊地さ~ん!助けてくださいよぉ。水野さんが舞台袖に魔法陣を…」
MOAMETAL「はぁい、今いきま~す。こら~プニ子ぉ!儀式は帰国まで我慢する約束でしょ!」

偉いぞ、顔笑れ!頼りにしてるぞ。優しいみんなのMOAMETAL!


197-03日 00:31
ダメだ~、メロが顔笑れないw眠いっす。

MOAMETAL「ねぇ由結、すぅちゃんかわいそうだから今夜くらい寝かせてあげたら?」
YUIMETAL「だめよ。悪魔呼ぶのにトマトとカボチャとカニ味噌と香辛料と処女が必要なんだもん。」
MOAMETAL「ミニパティカレーかよw。っていうか処女なら別に最愛でもいいんでない?」
YUIMETAL「うーん、出来れば香辛料は辛い方が、処女はバカな方がいいんだよね。」
MOAMETAL「じゃあ、仕方ないか…。」
SU-METAL「ひどい……。」

アイアンメイデンなすぅさんはメタルクイーンなんだから大丈夫!


196-03日 00:04
由結ちゃんを見る度に「可愛い」と言うのが今の私の口癖DEATH!

MOAMETAL「すぅちゃん最近も相変わらず由結の悪魔召喚儀式に付き合わされてるの?」
SU-METAL「うん、お陰ですぅも寝不足よ。今夜こそ拿捕されないように警戒しなきゃ。」
MOAMETAL「毎回くすぐられたり縄で縛られたりしてるの?大変ね…。」
SU-METAL「この前はなんかー、札束で顔をずっとペシペシされてたし……。」
MOAMETAL「は?……プニ子、金持ってるなぁw」
SU-METAL「その前は風でロウソクの火が消えない様に守らされたり……。」
MOAMETAL「おっ、それは儀式っぽいねぇ。」
SU-METAL「でもね、由結ちゃんが隙をついてフ~って消そうとしてくるの!」
MOAMETAL「なんじゃそりゃw」
SU-METAL「で、火が消えちゃったら由結ちゃんが豚野郎って言いながらすぅのお尻を叩くの。」
MOAMETAL「すぅちゃん完全に遊ばれちゃってるじゃん。なんか楽しそうw」
SU-METAL「でもそんな事してたら魔法陣から悪魔がバァーッって出てくるの。」
MOAMETAL「出てくるんかいっ!」

悪魔か天使かYUIMETAL


195-02日 23:34
※193. OYABIN-METAL様
おやびん様はお好きなようですね、鬼六w

MOAMETAL「プロデュース委員長、ニューヨークはサプライズやるの?」
YUIMETAL「すぅちゃんが縛られるのは嫌だってごねるから代替案を考え中。」
SU-METAL「え?本気で縛るつもりだったの?あっぶねぇ~っ、セーフ!」


194-02日 23:21
実は私、亀甲縛りとかの類いはどちらかというと苦手DEATH!

SU-METAL「まだ縄の痕が残ってるけどライブはしっかり顔笑るわよ!」
MOAMETAL「よし、いっちょやったるぜ!すぅちゃんの縄の痕が気になるけど。」
YUIMETAL「うん、ロンドンまでやりきろう!すぅちゃんの縄の痕が気になるけど。」
SU-METAL「……なんか、あたし顔笑れないかも……。」

大丈夫、一晩寝たら元通りさ。


192-02日 21:29
私は妄想力を信じています。妄想は人の不浄を晴らす方法の一つだと。

YUIMETAL「最愛……由結のこと好き?」
MOAMETAL「何よいきなり。大好きに決まってるじゃん。」
YUIMETAL「最愛、お願いだからしばらくは彼氏とか作んないでね。」
MOAMETAL「大丈夫、最愛はずーっと由結と一緒だYO!……じゃあ、行こっか。」
YUIMETAL「うんっ♪」
SU-METAL「こらっ!連れションするのに何分かかってんのよ!」



191-02日 21:02
とりま200レス目指しますかw

MOAMETAL「入国審査も終わったし、ニューヨーク暴れてやりますかね!」
SU-METAL「2回目だね、ニューヨーク。暴れてやりマスカルポーネ!」
MOAMETAL「すぅちゃんウザいくらいに調子良さそうね。ガキの遠足みたい。」
SU-METAL「まあまあ、もあもあ落ち着いて♪アイアムニューヨークなんだから♪」
MOAMETAL「はっきり言って迷惑だわ。それにしてもプニ山プニ子遅いなぁ……。」
YUIMETAL「はりきって入国だわ!ハローらうだ~ニューヨーク!由結が来ましたYO!」
MOAMETAL「お前もテンション高いのかYO!入国審査でどうかしたの?遅かったじゃん。」
YUIMETAL「持ってきたデロリアン没収されちゃった、てへぺろ!」
SU-METAL「えー、何のデロリ持ってきたん?」
YUIMETAL「カンニバルコープスの発禁版ジャケット♪」

実は最愛も珍味系おつまみを没収されていたのだが秘密だ。


190-02日 16:57
なくて七口癖あって四十八口癖
もうすぐUSAライブですね。

SU-METAL「ほらっ!2人とも!ライブは明後日だからね!気合入れてこー!」
MOAMETAL「出た、すぅちゃんのマジメモード。松岡修造かっての。」
YUIMETAL「普段の省エネポンコツモードとの落差が激しいよねぇw」
MOAMETAL「落差といえば、由結のラクサ族ってば超~可愛いかったYO!」
YUIMETAL「まぁね。由結ってああいうの本当に似合っちゃうから困るわ。」
SU-METAL「そうね。私はあんた達のやる気の無さに困っちゃってるわ。」
MOAMETAL「でたな!妖怪まな板ババァ。くらえっミロ光線!」
SU-METAL「何とでもお言い。最愛はメギツネ10分2セット!由結は例のヤツ100回!」
MOAMETAL「へ~い。それそれそれそれ♪それそれそれそれ♪……」
YUIMETAL「らうだ~らうだ~らうだ~らうだ~……」

なんだかんだ言ってても、最愛だって由結だって努力は欠かさないのだ。


186-02日 00:55
※TOMMYMETAL様
※OYABIN-METAL様
毎度ありがとうございます。そう私はただひたすらに書き続けるのみ。
そしてまた4時に起きるのであります。

YUIMETAL「最近寝不足で授業中ウトウトしちゃうんだよね…。」
MOAMETAL「毎晩遅くまで変な儀式してるからよwやめればいいのに。」
YUIMETAL「やめないわ、私たちが活躍出来てるのは悪魔の力を借りているからなんだYO!」
MOAMETAL「違いますYO!ところですぅさん今日みてないんだけど寝坊かな?」
YUIMETAL「……あっ!忘れてた…………てへぺろ!」

一晩中放置されていたにも関わらず、縛られたまま気にせず寝ているすぅさんであった……。


180-01日 20:56
※179. TOMMY様
もしも由結ちゃんがうちの娘の友達だったらお紅茶とクッキーでお・も・て・な・し。

SU-METAL「ああーっ、川柳10個投稿し終わったしそろそろ寝よっかな。」
MOAMETAL「すぅちゃん、またそんな暗い遊びしてたの?」
YUIMETAL「よし!由結も666個作ったからみんなで悪魔召喚の儀式やるYO!」
MOAMETAL「ううん、やらないYO!じゃあ寝る準備しましょ……って、すぅちゃんは?」
YUIMETAL「ああ、生贄は既に亀甲縛りにしてスタンバイOK!」
MOAMETAL「……あ、そう。じゃあ一人で寝るからいいや。」
SU-METAL「え~っ、この縄ほどいてよ~。一緒に寝ようよ~。」

その後一晩中、縛られたまま放置され続けたすぅさんであった……。


178-01日 00:58
※177. OYABIN-METAL様
なので明日の川柳も仕事から帰宅後ぶっつけ本番で挑みます。
ちなみにまた4時起きDEATH!すっかりショートスリーパーw

SU-METAL「ハロウィン終わっちゃったね。」
MOAMETAL「仮装もしたしお菓子ももらえたし、満足Ἳ5」 
YUIMETAL「よし!じゃあ片付けたら悪魔召喚の儀式やるYO!」
MOAMETAL「ううん、やらないYO!さっさと片付けよ……って、すぅちゃんは?」
YUIMETAL「ああ、生贄は既に十字架に磔にしてスタンバイOK!」
MOAMETAL「……あ、そう。じゃあ一人で片付けるからいいや。」
SU-METAL「え~っ、そこは助けてよ~。」

その後一晩中、由結にくすぐられ続けたすぅさんであった……。


 2014年10月

146-31日 00:29
バトンでツンツンはバトン部あるあるで、小等部時代のゆいもあもおふざけでやってました。

YUIMETAL「いつでもスキンシップできるのに何で脱ぎたてTシャツ欲しがるの?」
MOAMETAL「う~ん、平たく言えば触り過ぎちゃって体の方にはもう興味がないのかも。」
SU-METAL「私はまだ触り足りないわよ。さあ、由結ちゃん。こっちへおいで……。」
MOAMETAL「すぅちゃんが紅月歌ってる時の表情……やばいマジだわ、由結逃げて!」

さすがの由結ちゃんも後ずさりするのであった。

148-31日 01:16
あれ?私、仕事4時起きなんですけど……

SU-METAL「やっぱりここは最愛ちゃんの可愛い小悪魔スマイルよね。」
MOAMETAL「いやいやいや、由結がぴょんってやってちょこんってやれば…」
YUIMETAL「ううん、すぅちゃんが凛とした感じでキリッとひと睨みして…」

Ledaのギターで遊んでたら壊れちゃったので誰が謝りに行くかでもめてます。

157-31日 16:23
そろそろ私物化 管〇人さんが超おこ…かも

MOAMETAL「最近楽園チェックした?」
SU-METAL「んー、してなーい。だってポンコツとか書かれるんだもん。」
YUIMETAL「由結なんてTシャツ脱げだの小石を蹴りなさいだの書かれてるYO!」
MOAMETAL「最愛は…あまり……いじってもらえてないかなぁ……。」
SU-METAL「そんな事ないって!チビだとか八方美人だとかいろいろあるじゃないの。」
MOAMETAL「…なんかさぁ、中元さんって悪意の塊よね…。」

天然につける薬なし

159-31日 16:45
※156. TOMMY様
褒め過ぎです。なので気持ちいいですw。

YUIMETAL「あれ?ヤバい!飛行機のチケットどっかいっちゃった。」
MOAMETAL「えー!何やってんのYO!すぅちゃんじゃないんだからさ。」
SU-METAL「こらこらwそのカバンの中とかちゃんと探したの?」
YUIMETAL「うん、ちゃんと見たんだけど…。キョロキョロ。どうしよう…そわそわ。」
MOAMETAL「キョロキョロだのそわそわだの自分で言っちゃうくらい余裕あるんだねw」
SU-METAL「もう、しょうがない子ねぇ…。すぅ2枚持ってるから1枚あげる♪」
YUIMETAL「わぁ~♪すぅちゃんが持ってたんだぁ♫……で、何でお前が持ってたのかな?中元さん♩」

何故か背筋がピンと伸びてしまう最愛とすぅであった…。

173-31日 22:55
今夜はハロウィンやりたい放題Ἳ5

SU-METAL「トリック・オア・トリート!」
MOAMETAL「トリック!」 
YUIMETAL「トリック!」
SU-METAL「えー、お菓子ちょうだいよ……」

すぅさんがお菓子あげなよ……

174-31日 23:06
明日は川柳やりたい放題w

SU-METAL「二人ともイヤホンしちゃって何聴いてるの?」
MOAMETAL「もち、さくら学院のPUMPKIN PARADEに決まってるじゃんἻ5」
YUIMETAL「え、由結?カンニバルコープスのRaped By the Beastだーい!」

本物の由結ちゃんはカンニバル聴いちゃダメだーい!

141-30日 15:48
※140. するめ派METAL様
風邪ですか?無理をせずお大事になさってください。
そして、今は絶対に風邪をひいてはいけない人もいます……

SU-METAL「コンコンッ」
YUIMETAL「すぅちゃん、キツネ?」
MOAMETAL「違うってば。すぅちゃん風邪ひいたの?大丈夫?」
SU-METAL「大丈夫よ、どこかのキモいメイト達が噂してんのよ。」
YUIMETAL「それってくしゃみじゃなかったっけ?」
MOAMETAL「すぅちゃん今日のリハは休みなさい。歌えなくなったら困るでしょ?」
SU-METAL「わかった、そうする。でもリハ終わる頃に声掛けてくれる?」
YUIMETAL「いいけど、どうして?」
SU-METAL「ふふん、すんなりと脱ぎたてゆいTを最愛に渡す訳にはいかないのよ。」
MOAMETAL「……………チッ、バレたか。ポンコツのくせに抜け目のないヤツ。」

諦めの悪い2人であった。

142-30日 15:48
「妄想レジスタンス」実行中
LEGEND 1997 にて最後精根尽き果てたSU-METALは十字架に磔にされ女神像の前へ。
その光景を目にしながら両手を合わせて祈るYUIMETALとMOAMETAL。

YUIMETAL「すぅちゃん、やっぱり胸ないんだよね…」
MOAMETAL「もあのちょこっと分けてあげようか?」
SU-METAL「これから成長期くるんですけどー。ばーか、ばーか。」

3人ともまだ育ち盛りDEATH!

143-30日 18:28
あたま、あたま、あたま~!

MOAMETAL「なんか最近、DEATH!が口癖になっちゃってさ。」
SU-METAL「わかるわ~。普通に〈です〉って言うと〈あっ〉て思っちゃうw」
YUIMETAL「由結も~。あとついデス声で〈ヴぉい!〉使っちゃうよね~。」
MOA&SU-「使わねぇよ。」

デス音部、結成タイムリミットまであと4か月!

144-30日 21:51
部活か……バトン部に入って由結ちゃんと最愛ちゃんにバトンでツンツンされ続けたい

YUIMETAL「そろそろ次の新しい口癖を考えなきゃ…。」
MOAMETAL「由結も大変ね。メイト連中は次々にくれくれ欲しがるからw」
SU-METAL「すぅの口癖ひとつあげようか?」
YUIMETAL「いらないわ。」
SU-METAL「……そんなきっぱり速攻で拒否しなくても…。」
MOAMETAL「今の速攻で言った、いらないわ。いいんじゃない?」
YUIMETAL「う~ん、ちょっと弱いかな~。」

アイドルって大変なんですね。

109-29日 01:06
わたしもSSA落選祭やりまっせ

MOAMETAL「え~メロたん残念、さいたま来ないの~?」
YUIMETAL「そんなのつまんな~い。チケットあげようか~?」
SU-METAL「2人ともどうしちゃったの?台詞棒読みじゃない。」
MOAMETAL「だって、メロスピとかどーでもよくね?」
YUIMETAL「つーか誰よ?メロスピって。」

棒読みでもいい、せめて声だけでも……あ、SSAって外に音漏れするかな?

110-29日 01:38
SSA!SSA!USA!SSA!USA!

MOAMETAL「もうすぐ北米だよ、北米!」
YUIMETAL「すぅちゃんまたお好み焼きのソース持ってくの?」
SU-METAL「当たり前~。今回は奮発して高級ソース〈広島じゃけん〉持っていくけん。」
MOAMETAL「あーソースっか。」
SU-METAL「なによ、その冷めた感じ。」
YUIMETAL「ヘラヘラヘラwすぅちゃんこそ面白いね、その返しw(ヘラだけに)」
SU-METAL「なによ、変な笑い方ね。」
MOAMETAL「……由結、ソース没収しな。」
YUIMETAL「ラジャー!」
SU-METAL「なによ、がっつかないでよ。心配しなくても向こうで分けてあげるってば。」

これがすぅさんの勝ちパターンなのであった。

111-29日 02:45
チケ抽選ハズレたからか?眠れません!

SU-METAL「由結ちゃんがいいんじゃない。ダンス超キレッキレだし。」
YUIMETAL「え~最愛がいいよ。ジャンプ力とか凄いじゃん!」
MOAMETAL「いやいやいや、すぅちゃんでしょ。あの歌声を聴いたらわかるでしょ?」

頼んだ宅配ピザを誰が受け取るかでもめてます。

122-29日 09:31
SU-METAL「メイトの約半数が40歳以上なんじゃないかって噂よ。」
YUIMETAL「だからライブの時っておっさん臭いのね、納得。」
MOAMETAL「あちゃ!ちゃ!加齢」

大丈夫、SSAはきっとキンモクセイの香り

124-29日 10:49
とりま祝砲!

YUIMETAL「すぅちゃん、さっきの告知また間違えてたでしょ。日付は間違えないでYO!」
SU-METAL「だって、毎回同じような事言わされるし喋るの苦手だし覚えられないし……」
MOAMETAL「しゃべりげんなりホラ吹き姫」

大丈夫、SSAでもMCとか無いからw

128-29日 12:23
今、日本全国お仕事忙しいに違いない

YUIMETAL「よんよんっ会参加者わんさか集めちゃおうYO!さくら全員参加で神バンドも呼ぼう!」
SU-METAL「すぅは卒業生全員とゆいかちゃんとひめタンとか呼ぶね。楽しみ~♪」
MOAMETAL「ミナクル♪パーティースル♪ワンサーカー」

ミニパティシリーズ 完

103-28日 02:18
まだやるの? 下手な鉄砲もなんとやら~

YUIMETAL「は~い注目、この中に仲間外れがいま~す。」
SU-METAL「どうせすぅなんでしょ。」
MOAMETAL「いやまぁ、そうなんだけどさ。」

管〇人さん、すぅはちょっぴり大人になりました。

104-28日 12:50
I.D.Z.冒頭のアイコンタクトの真実

SU-METAL「(ゆい、大丈夫?)」
YUIMETAL「(あんたこそ頭大丈夫か?)」
SU-METAL「(もあ、あなたは?)」
MOAMETAL「(誰に聞いてんの?このペチャパイが!)」

SU-METAL「あーーーーーーーーーーーっ!(魂の叫び)」
YUI&MOA「(ふふん、今日もいいシャウトね)」

105-28日 13:37
出社前に暇なもんで…

YUIMETAL「最愛のチビ!」
MOAMETAL「由結のおかめぽんち!」
SU-METAL「ちょっと2人ともやめなさいよ。どうしたの?」
YUIMETAL「聞いてよすぅちゃん、最愛がね……」
MOAMETAL「違うよすぅちゃん、由結が先に……」
SU-METAL「(嗚呼、あたし頼られてる。)よしよし、お姉さんに話してごらん。(´▽`)」
YUIMETAL「何ニヤけてんの、ポンコツ。」
MOAMETAL「やる気あんのかよ、ペチャ。」
SU-METAL「 (´▽`) 」

顔で笑って心で泣いて、マンネリだけど顔笑れ僕らのSU-METAL!

96-27日 00:43
YUIMETAL「6万人くらいいたんだっけ、ソニスフィア」
SU-METAL「んー、そだね。」
MOAMETAL「一人1円ずつくれたら6万円もらえたじゃん!」
SU-METAL「んー、そだね。」
YUIMETAL「なにさ、興味なさそにして。1円玉が6万枚だYO!」
SU-METAL「うぉーっ!6万枚!積み上げたら超凄いじゃん!緑レアあるよね?緑レア!」
MOAMETAL「ねぇよ。そもそもイギリス人だから1円玉持ってねぇっつーの。」
SU-METAL「……んー、そっか。」

1円玉の 集めてつらし 数えて悲し

102-27日 09:43
4分の1~!マジっすか!本人やり過ぎの自覚なしです orz
そりゃ妄想スレッドが別枠になったのも頷けますねw

でも、こんだけ顔笑ってたらひょっとしてあの3人にも……

YUIMETAL「ねぇねぇ、メロスピって知ってる?」
SU-METAL「えー、知らない」
MOAMETAL「メロディックスピードメタルの略よ」
SU-METAL「ふ~ん」

だわなw

61-26日 01:24
最近のパクリ口癖

MOAMETAL「菊池じゃないよ、菊地だよ」(友那乃じゃないよ~)
YUIMETAL「由結のプニプニ……固まっちゃうじゃん♪」(最愛のドキドキ~)
SU-METAL「ちっとも、金を、返せずに」 (最も、愛を~)

71-26日 09:26
最近の妄想口癖 朝からいくYO!

SU-METAL「メロさん、すぅのコンセント知らない?」
YUIMETAL「寝てんじゃねぇ、メロ野郎っ~!」
MOAMETAL「メロたん、メロたんの加齢臭いい匂い、メロたん、メロたんだね♪……おしり♪……あたま♪」

ええ、朝から欲求不満ですとも……orz

73-26日 14:03
最近の家庭の口癖

YUIMETAL「うちは3人兄弟だから家の中が超賑やかだYO!」
SU-METAL「うちは3人姉妹だからいろいろな思惑が交錯してそれはもうドロッドロよw」
MOAMETAL「……いいなぁ、最愛もおねぇちゃんとか欲しかったなぁ……グスンッ(涙)」

私の娘も1人っ子なので昔はよく言われましたw

74-26日 14:18
無意識の口癖は時として人を傷つける

SU-METAL「チビって得なんだか損なんだか…」
MOAMETAL「天然って得なんだか損なんだか…」
YUIMETAL「こんなに可愛く生まれてきちゃった私って得なんだか損なんだか…」

76-26日 17:10
最近は口癖で不満しか言わねぇし!

SU-METAL「ポンコツじゃねぇし!」
MOAMETAL「チビッ子じゃねぇし!」 
YUIMETAL「ウブなネンネじゃあるめぇし!」

77-26日 17:14
役職口癖で虚勢を張るし!

SU-METAL「元生徒会長だし!」
MOAMETAL「現生徒会長だし!」 
YUIMETAL「その歴代生徒会長達を陰で操ってるし!」

79-26日 17:23
最近は口癖で「しりとり」とかするし!

SU-METAL「じゃあいくよ……ハートの地球いいんじゃないっすか……か!」
MOAMETAL「か……感じて欲しいのこのグルーヴ……ヴ!」 
YUIMETAL「ヴ……ヴぁぐぉっずぇふ ヴぇいきるぐぅあヴぁ~……ヴぁ!」 

ずるいよ、由結ちゃん…

80-26日 17:53
最近は口癖で「しりとり」とかするし!其の2

SU-METAL「おじや」
MOAMETAL「やおや」 
YUIMETAL「やや」
MOAMETAL「やや?何それ?」
SU-METAL「すぅ知ってる!夜霧のハウスマヌカンでしょ?」
YUIMETAL「すぅちゃん本当はババァでしょ?ややって言ったらヤヤ・トゥーレでしょうが!」
MOAMETAL「知らんがな。」
SU-METAL「ババァって言われた……」
YUIMETAL「はい、次ババァから!……や!」
SU-METAL「やめてよ~、ババァって言わないで!」
MOAMETAL「でぶ」
YUIMETAL「ぶす」
SU-METAL「すぅの話聞いてるの!」
MOAMETAL「乃木坂の妹」
YUIMETAL「トンカチ頭」
SU-METAL「………ま、まんとひひ」

ライブ開演まであと5分。頑張れすぅさん!

81-26日 18:23
もう口癖は関係ない 「しりとり」するし!其の3

SU-METAL「蚊」
MOAMETAL「閣下」
YUIMETAL「カカー」
SU-METAL「開花」
MOAMETAL「感化」
YUIMETAL「カフカ」
SU-METAL「カジカ」
MOAMETAL「カムチャッカ」
YUIMETAL「カムイワッカ」
SU-METAL「過大評価」
MOAMETAL「過小評価」
YUIMETAL「関税自由化」
SU-METAL「かしゆか」
MOAMETAL「カサブランカ」
YUIMETAL「叶美香」

みんな顔笑れ!でももうBABYMETAL DEATHのイントロが流れてるぞ!

83-26日 18:58
ライブがはねたら つい出ちゃうオヤジ口癖

SU-METAL「あ~疲れた、よっこいしょーいち。」
MOAMETAL「いやマジ、お疲れサマータイムブルース。」
YUIMETAL「えと~、……じゃあ由結は………うれち〇こありがた〇きん!」
MOAMETAL「YUI,shut up!」

由結ちゃん、是非おぼっちゃまくんを音読して聴かせておくれ。

86-26日 19:22
そろそろあっちに戻るからもう少しやらせてください

SU-METAL「私もう一回ライブ出来るくらい元気だわ!もあはお疲れみたいだけどw」
MOAMETAL「そりゃあすぅちゃんってば胸ペッチャンコで軽いもんね。」
YUIMETAL「またそんな事言い合うwいつもライブ後のこの時間って2人やりあってるよね。」
SU-METAL「そりゃあねぇ。戦いはこれからだもんね。」
MOAMETAL「そろそろ………はい来た~!脱ぎたてゆいT汗だくバージョン!2万5千!」
SU-METAL「はいきた、5万!」
MOAMETAL「何っ!いきなり値段吊り上げやがって!何を企んでやがる!5万1千!」
SU-METAL「ふふっ、10万!」
MOAMETAL「何~っ!」

SU-METALのバックには楽園のおっさん達がスポンサーとして名乗りをあげていたのだった!

94-26日 21:04
よっしゃこ~い よっしゃこ~い
タイトル:3人スマホをいじりながら…

YUIMETAL「口癖か……すぅちゃん口づけしたことある?」
SU-METAL「んー、ない。最愛は?」
MOAMETAL「ないー。動物とならあるけど。」
SU-METAL「あ、それダメー。ノーカンね。」
YUIMETAL「私あるんだよねぇ。まあ嘘ピョンだけど。」
MOAMETAL「だろうね。でも最愛と由結したよねー。」
YUIMETAL「ああ、したねー。何回か。」
SU-METAL「ふ~ん。」

オチなんてないさ。願望なんだから orz プーッ

2-25日 12:40
とりま一発

MOAMETAL「すぅちゃんティッシュ取って」
YUIMETAL「すぅちゃん水持ってきて」
SU-METAL「なんで私ばっかり…」

22-25日 16:30
最近の口癖いっちょ

YUIMETAL「トマト飽きたわ」
SU-METAL「牛乳飽きたわ」
MOAMETAL「草飽きたわ」

22-25日 16:34
最近の口癖もっともっと~♪

SU-METAL「紅月飽きたわ」
MOAMETAL「4の歌飽きたわ」 
YUIMETAL「らうだ~飽きたわ」

21-25日 16:44
最近の口癖まだまだいくよ♪

MOAMETAL「メイト踏みたい」
YUIMETAL「メイト蹴りたい」
SU-METAL「メイト臭い」

22-25日 16:55
最近の口癖らうだ~♪

MOAMETAL「ねぇ、すぅちゃ~ん………」
YUIMETAL「ちょっと、すぅちゃんってば~」
SU-METAL「はいは~い(ちょっと嬉しい)」

39-25日 19:56
最近の口癖言うならやっぱりパパ~♪

YUIMETALのパパ「最近また背が伸びたんじゃないか?」
MOAMETALのパパ「最近、成長が止まっちゃったんじゃないか?」
SU-METALのパパ「最近見かけなかったけどちゃんと生きてたか?」

57-25日 22:42
最近の3人のマジ口癖

YUIMETAL「えっとー」
MOAMETAL「いやいやいやいや!」
SU-METAL 生態未確認の為、不明

 自由掲示板内の作品

419-10月26日 22:46
 417. おばさんだお 2014年10月26日 22:36
 「ちょこん」  by BOHさん

※417.おばさま

……………禿が小石を蹴っても我が心にまで届かぬ。

282-10月24日 17:57
10年後の世界からきた男 その①

男「10年後、SU-METALはマジソンスクエアガーデンをパンパンにしてるYO!」
私「うぉ~!すげぇ!さすがすぅさん!」
男「流行は繰り返されるっていうけど10年後はマジソンスクエアガーデンバッグも流行っててね。」
私「うんうん。」
男「なんだかね、SU-METALはとにかくいろんな物を持ち歩き過ぎなんだよな。」
私「どうゆうこと?」
男「あの子、普段から大量の文房具やらお好み焼きのヘラやらいろんな物を持ち歩いてるのよ。」
私「で?」
男「SU-METALはマジソンスクエアガーデンバッグに物を詰め込み過ぎてパンパンにしてるのYO!」

10年後の世界は平和そうでなによりだ。

284-10月24日 18:04
10年後の世界からきた男 その②

私「もあもあは?最愛ちゃんの背は伸びているのかい?」
男「ああ、伸びてるとも。10年後のMOAMETALの身長は153㎝になってるYO!」
私「あらら~、あと1㎝しか伸びないんだねwかわいそうなもあもあ。」
男「でもバストはかなり育っておりますがな。」
私「なんですって?」
男「たしか……Gカップって言ってたような。」
私「ふぅ~ん。(ゆいちゃんゴメン。私は今日からもあ推しDEATH!)」

287-10月24日 18:19
10年後の世界からきた男 その③

男「次はYUIMETALのことが聞きたいんだろ?」
私「当然。でも何から聞こうかなぁ?由結ちゃんも背が伸びてるのかな?まさかもう結婚とかしちゃってたりして。うわ~、だったらショック!でも由結ちゃん可愛いからそりゃ当然そうなるわな。まだベビメタやってんのかな?あ、さくら学院の先生になってたりしてwでも由結ちゃん女優になりたいって言ってたよなぁ。なれたのかなぁ?あの鼻声で台詞とか言ってたら超可愛いんですけど~。」
男「まあ、それも含めて一生懸命生きてるよ…。」
私「……あ、そうですか。」

知らないほうが夢は大きくなるのかも…。

288-10月24日 18:32
100年後の世界からきた男

私「さすがに100年後はベビメタいないですよね?」
男「なにぃ~!あんたBABYMETALの事タイムリーに知ってんのか?超すげぇ!時代の生き証人だね!ね!じゃあ当然あの伝説のマジソンスクエアガーデン事件もナマで知ってるんだ?いいなぁ~。まさかカークハメットとお揃いだったとはねw超笑えたYO!あ、伝説のの10万人モッシュッシュもひょっとして体験してたりする?うらやま~、超うらやましいYO!他にもいっぱいあるもんねぇ。個人的にはすぅさんマジでブチ切れ5秒前事件が好きだなぁ。あとYUIMOA替え玉事件も衝撃だったね!ところであの時、すぅさんのコンセントを隠したのって誰だったんだい?」

一体、何をやらかしまくったんだBABYMETAL……。

288-10月24日 20:35
以下は妄想が暴走した悪い例DEATH!

☆2064.BABYMETAL13枚目のニューアルバム 「特別対局 紅竜戦」

1.「すぅ4段vsゆい5段」  読み上げ:もあ4段
☆内容を一部抜粋

「それでは、お願いします」
………………………………パチッ
「先手、SU-METAL 7六歩」
………………………………パチッ
「後手、YUIMETAL 8四歩」
………………………………………………パチッ
「先手 7八飛車」
…………………コホッ……………パチッ
「後手 8五歩」
………………………………………………「10秒」
……………ンッ………………………………「20秒、1,2,3,4」パチッ
「先手 7七角」

★初登場オリコン83位

206-10月23日 21:04
私はとある喫茶店にて友人にBABYMETALの布教活動をしていた

なんかもっと静かにしなきゃいけないんだろうけど
向こう見ずの有為な少女達に関する話がしたくて
私の大きい口もある事ない事よくしゃべりまくる

そんな妄信的な今の私には上記の文章も勝手に脳内変換されてしまう…

中元すず香にしなきゃいけないんだろうけど
向こう水野由結な少女達に関する話がしたくて
私の大菊地最愛る事ない事よくしゃべりまくる

どうやら私は重症のようだ……

107-10月22日 21:49
最愛金属「ねぇ、アナグラムって何よ?」
由結金属「文字を並べ替えて違う言葉にする暇人がやる暗い遊びよ」
すず金属「ひどい言い様ねw」
最愛金属「なんかマス目に淡々と数字入れてくっていう暗い遊びもあるよね」
すず金属「ひどい……」
由結金属「部屋でネギを栽培する暗い女もいるわよね」
すず金属「ひどすぎる……」
最愛金属「姉のおさがりを着た暗い女が……」
由結金属「お土産にひまわりの種を買う暗い女とか……」
すず金属「マジでこいつら……」

121-10月22日 23:21
この調子でTシャツが売れ続けたら……
・200枚~まずは当日、讃岐さんは軽トラでさいたまに参戦。
・1000枚~第2弾「楽園手書きパーカー」販売。
・50000枚~中国四国地方のユニクロ店頭に並ぶ。(この辺りからマージンとりましょう)
・1000000枚~このサイトを買収「讃岐メタルのBM&さ楽園」としブル管さんを雇う立場に。
・1000000000000枚~香川にTシャツ御殿が建つ。

さいたまでおごってもらおうw 

【小石蹴り部】 メロスピ部長の作品集②
 http://blog.livedoor.jp/metalboy/archives/18766081.html